腸閉塞を予防

処方箋

手術歴のある方や高齢者に多く発症するのが、腸閉塞です。腸閉塞の原因の一つとしては、食事が挙げられます。こんにゃくや寒天といった繊維質の多い食品は、摂取量によっては腸閉塞の一因となることがあるのです。腸閉塞の場合、普段便秘気味の方に発症することが多いと言えます。そういった方が、便秘解消のためにこんにゃくなどの食品を大量に食べると、まれに腸閉塞を引き起こしてしまうことがあるのです。又、ごぼうやセロリといった野菜の食物繊維が腸に負担をかけてしまうこともあります。食物繊維には水溶性と不溶性のものがあり、ごぼうやセロリは不溶性の食物繊維に分類されます。腸閉塞が心配される方の場合には、努めて水溶性の食物繊維をとることが大切になるのです。

腸閉塞の一因となる便秘を解消するためには、食物繊維の質を見極めることが大切になります。腸に負担をかけてしまう不溶性の食物繊維は極力控え、水溶性の食物繊維を摂取することが便秘をスムーズに解消するためのコツとなる訳です。水溶性の食物繊維は納豆やココア、大麦などに多く含まれています。従って、便秘を解消するためには、このような食品を適量ずつ摂取していくことが役立つのです。ヨーグルトやキムチといった発酵食品を摂取することも、時に有効となります。このような発酵食品は、腸内細菌のバランスを整えてくれるため、腸の蠕動運動も促進され便通も改善することが考えられるのです。便秘を解消するサプリメントなどを利用すれば、さらに手軽に対策が立てられます。